アスタレチノV副作用は?レチノールを詳しく知りたい

レチノールとはどんな成分?

レチノールとはビタミンAの一種

 

脂溶性のビタミンで、レバーやうなぎなどの動物性食品に豊富に含まれる栄養素です。

 

レチノールには、視力の維持(不足すると鳥目=夜盲症)、皮膚や髪、爪を丈夫に保ったり、風邪などの感染症に対する抵抗力をつけてくれる働きがあります。

 

では、レチノールにはどんな美容効果があるのでしょうか?

 

レチノールの美容効果

  1. ターンオーバーの促進

    古い角質を押し上げ、肌の生まれ変わりを助ける作用があります。ピーリングに近いような働きをするため、シワ、シミ、ニキビ跡、くすみ、肌荒れに効果的と言われています。

  2. 肌に潤いや弾力を与える

    レチノールには、コラーゲンやエラスチンを生み出す繊維芽細胞を活性化させる作用があります。また、ヒアルロン酸の生成を助け、角層に水分量を増やす働きもあります。レチノール自体がコラーゲンを増やすわけではなく、コラーゲンの生成をサポートするのですが、肌に弾力や潤いを与え、しわの改善につながります。

 

しわに使いたい成分ナンバー1のレチノール

 

しわだけではなく、ほうれい線やたるみなどに効果的な成分として、今やレチノール配合の化粧品がたくさん発売されています。

 

レチノール副作用のリスクは?

お肌にとって、いいことづくめのレチノールですが、副作用が起こる可能性があるといわれています。

 

ビタミンAはレチノール、レチナール、トレチノイン(レチノイン酸)の3つを指します。

 

そのうち、トレチノイン(レチノイン酸)は、皮膚の奥から新陳代謝を促し、シミやしわ、ニキビに高い効果があるといわれていますが、効果が高い分、肌荒れやヒリヒリしたりなどの副作用があります。

 

トレチノイン(レチノイン酸)は、アメリカではしわ・にきびの治療医薬品としてFDAに認可され、日本でも医薬品として皮膚科で処方してもらうのが一般的です。個人輸入で入手することもできますが、取り扱いに不慣れな人がうっかり手を出すと、肌荒れなどを起こす可能性が大きいそうです。

 

そんな話を聞くと、レチノール怖いかも・・・

 

でも、レチノールの効果は、トレチノイン(レチノイン酸)の100分の1です。

 

トレチノイン(レチノイン酸)と比べて、レチノールの作用は弱いので、肌への刺激も弱いといわれています。日本では、化粧品に使われているのはレチノールの方です。

 

実際のところ、アスタレチノVには、副作用の報告はありません。また、私自身も肌トラブルは一切起こっていません。

 

そうはいっても、副作用が心配な人は、使用前のパッチテストをオススメします。

 

使用していて、赤みや痒み、肌荒れなどのトラブルが出た場合には、即座に使用を中止しましょう。

page top